レーシックの安全性1

レーシックの安全性1

レーシックが世界的に普及して、15年がすぎました。そして、角膜に行われる屈折矯正手術自体には、50年以上の歴史があります。安全性については、アメリカでは1995年に国の許可を得ており、日本でも2000年1月に厚生労働省の認可を受けており、安全性が確認されています。レーシック手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置するため、拒絶反応などの副作用はありません。感染症などのリスクは、術後の処置をしっかり行っていれば、かなりの確率で抑えることは可能です。レーシックの安全性については世界中で様々な検証が行われており、米国眼科学会や日本眼科学会、また多くの眼科医が治療の効果性・安全性・将来性を認めています。世界でもっとも高い安全基準をもつ米国の食品医薬品局(FDA)がこの手術を認可していることからも、レーシック手術自体の安全性は十分に確認されていると考えられます。安全性が気になるところですが、レーシックは、角膜の表面を薄く削る手術で、眼球内部には影響が無いので失明の心配はありません。世界でもっとも厳しい安全基準で有名な米国の食品医薬品局(FDA)がこの手術を認可しておりますし、 米国の眼科学会や日本の眼科学会をはじめとして、世界中でレーシックの効果性・安全性・将来性を認められているので安心です。レーシックは徹底した衛生管理のもとに行えば、安全で有効な治療方法といえるでしょう。

 

抜け毛予防に育毛シャンプー
抜け毛予防におすすめの育毛シャンプー!