まずは適性検査を受けよう!

まずは適性検査を受けよう!

レーシック手術が一般的になって、多くの人が視力を回復させています。最初に日本に紹介された10年ほど前は、手術費用が高価だったこと、そしてレーシック手術の歴史が浅いために長期間の安全性が実証されていなかったために、レーシック手術をする勇気を持てない人はたくさんいました。しかし数年後、だんだんレーシック手術の安全性やその大きなメリットが評判になって、レーシックを受ける人も増えてきたのです。ところがレーシック手術を受ける人が多くなると、後遺症や合併症で苦しむ人が増え、「レーシック難民」という言葉までできました。原因はどこにあるのでしょうか?まずはクリニックで価格競争が起こり、できれば手術費用を安くしたいと思う人が、検査やカウンセリングをしっかりしないで手術を受けてしまったり、自分にあった視力に矯正することより「とにかく1.5がいい視力」と思って、矯正を希望する人もいたということです。では、安全に安心してレーシック手術を受けるにはどうしたらいいでしょうか?まずは適正検査を必ず受けるということです。レーシックで高い効果を得られる場合もありますが、レーシック手術を受けられない場合もあるのです。そして検査はできれば数件のクリニックで受けることをお勧めします。専門医によって判断が違う場合がありますし、患者に対する対応などで、本当に安心して信頼できるドクターを見つけることができるからです。裸眼で快適な生活ができるレーシック手術を満足するためには、事前の準備が一番大切ということです。

 

 

ほとんど裸眼で1.0に成るといわれています。

 

ホットフラッシュ対策
ホットフラッシュ対策に効果的な漢方やサプリメント