レーシックとは?2

レーシックとは?2

レーシックとは、角膜屈折の矯正手術の一種です。角膜にレーザーを照射して、曲率を変える事によって視力を矯正します。
つまり、レーシックは「レーザーを使った最先端の視力回復手術だ」 ということです。近視は、目のレンズのピントが合っていない状態になります。だからぼやけてよく見えないのですね。その目のレンズにレーザーを当てることにより、屈折率を変えてピントが合った状態に戻すというのが、レーシックの視力回復手術になります。レーシック(視力回復手術)とは屈折矯正手術の一つでレーザーで角膜の表面をめくり、内部を削って屈折率を調整し、表面を元に戻します。近視、遠視、乱視の矯正に効果があります。マイクロケラトームとよばれる機械で角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくります。そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去します。その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待つだけで終了する日帰り、短時間で行われる手術です。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正されます。成功率の高い手術で失明する危険性などは低いです。(リスク1%以下)手術前にはメリット・デメリットもきちんと説明して下さるので、ちゃんと理解した上で受けることが出来ます。

 

ウォーターサーバーの費用
ウォーターサーバーを費用で比較する★