レーシックとは?1

レーシックとは?1

最近良く聞かれる「レーシック」とは何でしょうか。視力回復手術の一種で、角膜にレーザーを照射して、曲率を変え視力を矯正する施術です。
ひとことでレーシックといっても、種類がいくつかあり、角膜を薄く削って作るフラップの作り方に特徴があって区分されています。レーシックを受けると、視力が回復し、メガネやコンタクトレンズの必要がなく裸眼で生活できるようになるというのが一番の魅力です。手術自体も両目で15分〜20分と短時間で済み、入院する必要もないので、多くの人がレーシックを受けるようになりました。手術中は目薬を落として麻酔をすることになります。それで痛みを感じることは基本的にありませんが、手術をした当日は眼がしみたり、重く感じるなどの違和感を感じたりすることもあります。でも、これらの症状は一時的なもので、心配は要りません。レーシック手術では、レーザー照射を調節することで乱視も矯正可能なため、近視と同時に乱視も矯正する人も少なくありません。痛みはほとんど無く、手術後2時間くらいは少しひりひりする感じがして目があけにくいことはあります。手術中、手術後に不快感はほとんなく、視力の回復はほとんどの場合、1〜3日です。

 

痩身エステでダイエット
痩身エステでプロに任せるダイエット!