レーシック手術の種類1

レーシック手術の種類1

視力矯正手術にはレーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ラセック、ウェーブフロント、フェイキックIOL、PRK、フレックスPRK、放射状角膜切開術(PK)などの手術がありますが、その違いには角膜を薄く削って作るフラップの作り方に特徴があって区分されます。まずは5つの手術について簡単にまとめてみました。

 

1.レーシック(ケラトームレーシック)LASIK
 一般には「レーシック」と呼ばれています。これはマイクロケーラトームと言う装置を使うケラトームレーシックで、金属製の薄いブレードを使用してフラップを作ります。

 

2.イントラレーシック Intra-LASIK
フラップはレーザーを使用して作る手術で、レーザーはコンピュータで制御するので、医師のテクニックに左右されないという利点があります。

 

3. エピレーシック Epi-LASIK
マイクロケーラトームよりも更に薄く削れるというエピケラトームという装置を使って行う手術です。

 

4. ラセック(レーゼック)LASEK
角膜に切れ目を入れて、アルコールで角膜表面を柔らかくしてめくり、フラップを作ります。さらに、エキシマレーザーを照射して視力を回復させる屈折矯正手術です。角膜上皮のみのフラップは、数日で再生するので強い眼の衝撃にもフラップがずれないという特長があります。

 

5. ウェーブフロントレーシック Wave-front LASIK
角膜のデコボコの程度をレーザーで測定し、角膜の削り方を調整する手術で、角膜のデコボコのよってできる光の歪みを補正することができます。

 

ペニス増大サプリメント
ペニス増大サプリメントのおすすめランキング☆