レーシックに適さない人とは?

レーシックに適さない人とは?

残念ながら、すべての人がレーシックを受けられるというわけではありません。現在目に病気を持っている方、視力不安定な方、糖尿病・肝炎・膠原病などの病気を持った方、妊娠中の方等はレーシックを受けることができません。また、目に打撃を受ける可能性のある職業の方、電車やバスの運転手など、手術後の一時的な症状が業務の妨げになる職業の方は、レーシックを受けることはできません。必ず医師に相談してください。
レーシック手術は、視力回復にとても効果的な手術だと知られていますが、実は誰にでも適した手術ではないのです。「めがねをかけなくてよくなるから」とか「コンタクトレンズの手入れから解放される」というだけの理由で、簡単に手術を受けてしまうと、後遺症や合併症で悩まされるというケースもあるのです。まず、どんな人は受けられないのか、ということを調べてみます。
1. 現在目の病気を持っている人。たとえば白内障・緑内障・結膜炎などです。
2. 視力が不安定な人。ですから20歳未満の場合はまだしないほうがいいそうです。
3. 病気による不適正。たとえば糖尿病や肝炎の病気を持つ人はレーシックを受けることができません。
4. 職業による不適正。たとえばボクシング選手の場合、目に打撃を受ける可能性があるので、レーシックを受けることができません。

 

このように簡単にあげてみましたが、まず一番大切なことは、自分がレーシック手術に適しているか、適していないかの無料適応検査を受けることだと思います。クリニックごとに(専門医ごとに)手術を受けられる範囲に多少の差がありますので、何件か直接検査を受けに行って、相談されることをお勧めします。

 

野菜宅配通販
野菜宅配通販の人気ランキング☆