レーシックの安全性2

レーシックの安全性2

レーシック手術によって合併症や後遺症が発生していることが、ニュースなどでも大きく取り上げられています。それゆえに「レーシックは危険な手術」という印象を持っている人も少なくありません。2009年にマスコミで大きく取り上げられた感染症発生は、手術器具の滅菌消毒の不具合が原因と考えられています。通常、レーシック手術は清潔な環境の中で、厳重に消毒された器具を使って行われます。きちんとした知識を持った医師が、適切な方法で清潔に手術を行えば、感染症などの合併症が起こることは非常に希です。合併症が伴う場合もありますが、深刻なものは非常に少ないです。軽い合併症として一番多いのはドライアイですが、目薬の点眼などによって改善することが可能です。シーレックはには手術の方法が数種類ありますので、個々人の視力や目の状態にかなり差があることを考慮し、一律の基準で手術を施すのではなく、個々の患者ごとに状況を判断し、手術を行うことが重要であると言われています。手術前の検査や説明、手術後の定期検査などがしっかりした清潔なクリニックを選ぶことが大切で、そういったクリニックで施術を行えばレーシックは安全な視力回復手術であるといえるでしょう。

 

しじみサプリメントで肝臓のケア
しじみサプリメントで肝臓の数値を下げる