レーシックによる視力の回復効果

レーシックによる視力の回復効果

。重たく分厚いメガネ、ちょっとゴミが入ると痛い、手入れのあるコンタクトレンズ。ファンッションを楽しむにも、スポーツを楽しむにも実は裸眼が一番ですよね。近視や乱視、遠視の人でも大丈夫。(老眼は無理です。)レーシック手術は目 の表面の角膜に高精度のレーザーを照射して、視力を矯正する手術ですが、裸眼視力を向上させることができる、というのが大きな魅力です。では、いったいレーシックにはどれほどの視力回復効果があるのでしょうか。一度落ちると戻らないといわれている視力ですが、レーシックを受ければ視力1.5レベル(目がいい人のレベル)に戻すことができます。しかも成功率がすごく高いのです。98%の方が視力1.5以上まで回復し、残りの0.2%の方も1.0以上まで回復しています。手術による視力の回復度合いは、手術方法や個人差はありますが、95%以上 の人が1.0以上に回復すると報告されています。極度の近視でなければ、平均1.5くらいまで回復すると認識してよいでしょう。視力回復の効果は手術直後から表れ、1,2週間ほどで完全な状態まで視力が回復し、1ヶ月程度で完全に視力が安定します。また、レーシック手術後の数年間の経過を見ても、それほど視力が落ちないことがほとんどです。

 

脂肪肝を改善する漢方薬
脂肪肝を改善する漢方薬の人気ランキング!