手術を受けるにあたって

手術を受けるにあたって

レーシック手術を受けるにあたってですが、まずは適性検査を受けなければなりません。シーレックを受けるに適合した目なのかどうかの検査です。
視力、乱視の度合い、眼圧などを測る必要があります。そして人によっては角膜がとても薄い人がいますので、レーシックに適した目なのかどうかをで検査してみる必要があります。レーシックを受けることになったら、日ごろコンタクトレンズ使用している方でしたら、をまず一週間コンタクトレンズの使用を止めてしまわないといけません。つまり、コンタクトレンズの代わりにめがねを着用しなければなりません。不便ですが、我慢するしかありません。手術当日に注意する点としていくつかあげてみますと、病院に車で運転して来院してはいけません。手術はその日のうちに終わりますが、帰りの運転ができませんから、必ず公共の交通機関で来院するか同伴者に運転してもらうようにしましょう。また、手術当日の服装ですが、静電気のおきる服はよくありません。ピアス、イアリングもつけないようにしてください。化粧も手術の前に落とさなければなりません。そして揮発性のある香水、整髪料なども控えるようにしてください。病院へは手術の同意書を持参することもお忘れなく。もちろん、ドライアイなど、多少の症状が出ることは理解しておいてください。

 

歯周病の臭い対策
歯周病の臭い対策歯磨きの人気ランキング!