レーシックのメリットとデメリット1

レーシックのメリットとデメリット1

レーシック手術のメリットとデメリットについて、調べてみることにしましょう。
まずメリットは、安全にすばやく視力を回復させることができる、裸眼で生活ができるようになる、手術中はほとんど痛みを伴わない、手術は短時間で入院も必要ない、精度の高い視力回復が可能である」という点です。実際、レーシックは向き不向きがあるのだといいます。ですので一番大切なことは、自分がレーシック手術に適しているのかということを確かめることです。まずはいくつかの病院で事前の検査とカウンセリングを十分行なうことで、それが確実にわかります。視力は一生、自分の生活にかかわってくるものですので、それだけに自分だけで判断することなく、専門家の意見を十分に聞いてから確信を持ってレーシック手術を受けるかどうかを判断するとよいでしょう。気になるデメリットとしては、「合併症というリスクを伴う矯正方法である、視力回復の程度や経過には個人差がある、手術費用は全額負担である、レーシック手術を受けるとパイロットの受験資格がなくなる、保険加入時に不利になる場合がある」という点です。レーシック手術を受ける前には手術を受けることによるメリットやデメリット、および手術に伴うリスクをよく理解した上でレーシック手術を受けられる決定をすることが大切です。

 

中性脂肪対策にDHAサプリメント
中性脂肪対策に有効なDHAサプリメントランキング!